2008年05月26日

体をいたわる=心を浄化



体をいたわって大事にしてやると、
「腹がたつ」とか
「喉を通らない」とか、
「目ん玉が飛び出る」等というような状況にあったとしても
さほど動じないものだ。

言葉通り、心と体はリンクしているから
体をいたわると心が静まる。
余計な事をアレコレ考えなくなってくる。
すると心の浄化が起こる。

心を置いて体を酷使するから、いつか「病」となって体に裏切られるのだ。
いや、先に裏切ったのはあなたの「考え」
心と体はいつも正直だ。

身体の声を聴きましょう。
何よりあなただけの答えを知っているから。


Posted by うさとの服大好き! 白石まか◎ at 14:32│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。